ギター片手に全国を飛び回るシンガーソングライター・サトウタケヒロのツアー日記です☆


by tender03st
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

3/27(日)山形フランクロイドライト

3/27(日)・・・山形・山形フランクロイドライト(13発目・初!!)

ばしょ・・最寄りはJR山形駅だが、徒歩だと20分くらいかかるかな?市内循環バス(100 円!!)に乗り、七日町でおりて徒歩7〜8分くらい。

そういどうきょり・・距離:445.7km!前夜泊の仙台(友人宅の最寄り駅・東照宮駅より)からJR仙山線にて59.6km。山間の雪深い景色の中列車はガタゴトと進む。途中、今時珍しい携帯が完全に圏外のエリアあり。いや、途中だとそう珍しくもないけど、駅でも通じないってのはすごいな。見ると駅のすぐ裏は山。雪山に猿が遊ぶ。納得☆終演後お馴染み深夜高速バスにて一路新宿へ。378.5km。新宿から家まで移動し(7.6km)残雪の南東北ツアー無事終了☆

ほんじつのどういん・・?人(あとで確認しますが・・20人くらいかな?)

ほんじつのうりあげ☆
パースペクティウ゛・・4枚!

ツアー累計うりあげ☆
パースペクティウ゛・・15枚!
眠れない夜に響くはじまりの朝のうた・・11枚!
AND ON WE GO・・1枚!



ほんじつのモうた♪

1.overture(SE)
2.snow.
3.『Y』
4.エガオのモト
5.ユアソング
6.パースペクティヴ

総評・・長びく不振に縮こまっていく心。これじゃいけないと思いつつ畏縮していく一方の身体。暗闇で拳を振り回しているような、流砂の底から這い上がろうと足をバタバタさせているような、そんな日々から突き抜ける転機となった日です(^-^)b☆

要因は色々あると思うが、まずは山形という土地が、過去3回のツアー全てにおいて予定に入っていながら最終的にライブを実現できなかったというのがあげられる。「(自分自身)待望の初公演!」という緊張感も考えて見れば久し振りだし。

また、対バンさん、スタッフさん、お客さんにもとてもとても恵まれた。(・・といって誤解のないように申し添えるが、ここまでの何本かのライブがまわりのせいでダメだったというわけでは決してない。いい出会いもたくさんあったし、感謝もしている。ただ、自分自身がそれをうまい事力に変えてステージで炸裂させる事ができなかった、という事です。)

それら全てをふまえた上で、一番大きかったのはうたうたいとしての自分を待っていてくれる人の存在だ。バイト先(もちろん東京)で知り合い、ライブにも遊びに来てくれるようになったともだち。彼女が"ユアソング"の歌詞に感動し、地元山形に住む彼女の一番大切な友達のお誕生日にCDを送ってくれたのだ。そしてそのCDを聴いて友達がライブに足を運んでくれる事になったのだ。これは嬉しい!

友人・家族・恋人など「(事情があって)遠く離れてしまった(あるいは失ってしまった)大切なひとを想う」というのは僕の創作上の最も重要なテーマであるし、「大切な人と喜びや悲しみをわかちあう」というのもまた、僕にとって重要な事。最近の曲の殆どはその気持ちのもとに書かれているといっても過言ではない。

活動の収支が合っているという点は別として、少なくとも心もち/気構えという点において自分は最早プロの歌い手だと思っているし、当然今日のライブもその場にいらっしゃる不特定多数の方々に向けて心を込めて歌うわけだけれども、漠然と大勢に向けて歌うより、事情を知る特定の方に向けて歌う方が容易に気持ちが入るのは自明の理です。「大切なともだちとそのともだちをつなぐうた」という太い幹があらかじめ存在するならば、とてもやりやすい。

ライブは今日も"snow."で幕をあける。今ツアーの定番、いつも通りの曲目・曲順。しかし、昨日までとまったく違う、そして二度と繰り返される事のない今日だけのステージが確かにそこにはあった。

特筆すべきはやはり『Y』。"遠く離れても大切なともだち"へ送るうた。今日のこの日にこれ以上相応しいうたがあろうか。久々に自分自身、歌っていてぐっときた。後で知ったが会場には泣いていた人もいた。そう、「誰かに向けられた気持ちのこもった歌」はちゃんと他の人の心にも届くものなのだ。

さぁ盛り上げていこう!!と「エガオのモト」を繰り出す。皆さんのあったかい手拍子にのって軽快に歌いながら考える。・・ここしばらくどうしてもうまくいく気がしなくて遠慮がちなステージングに終始していたが、『Y』でしっかり心が繋がった実感があるし、今日は恐れず踏み込んでいこう!よーし♪

♪じゃららーん・・・「えー・・この曲にはOh!!Yeah!!とゆうコーラスがありましてですね・・」さぁ皆さん☆サビのコーラスをご一緒に(´∀` ∩!!とお願いし勢いよく大サビへ!!

♪××・・××・・やらしさーにー♪まみれたってー♪(じゃじゃッ!)あっしたーにゆーめをみよ〜!!(いけーっ!!)

♪Oh!!Yeah!!(←俺だけ)

Σ( ̄□ ̄|||)エエッ!?

・・・うそぉ〜ん(´д`;)

・・会場から声はあがらず、さながらわたくしはエアも出来ないのに空中に飛び出したモーグルの選手のよう。失意の中ゆっくりと落下しながら猛スピードで思考を巡らす。・・いけない!!跳んだからにはせめて着地くらいはキメなければッ(゚д゚;)!!

瞬間時間が止まる程のショックから苦笑いとともに自分を立て直し、なんとかギアを入れなおすとエンディングまで突っ走る。・・これ、実はパフォームする上で一番考えたくないケース(盛り上げようとお客に参加を要請するも誰も参加してくれず、逆に冷たい空気が場を支配する)で、こぉゆう時はえてして終演後悲惨な状態に陥る事が多い(>_<)。アンケートもさっぱり返ってこなかったりとか・・ そんな事を想像して冷や汗をかいたけど、曲が終わると不思議と会場にそんな変な空気は流れていない。あれ?まだいける?・・てかいくしかねぇダロ!!(゚д゚;)!!

MCで先刻の空振りを自ら笑いとばすと間髪入れずに"ユアソング"。めげたら終わりだッ!!鉄の精神力を起動させ、まったく堪えちゃいませんぜ(`∀´)!とばかり満面の笑顔で手拍子を要請。先刻より力強く響く手拍子。おお、いいね!みんな微妙にずれてるけど・・いいねっ(笑)。

お客さんの手拍子がおいてけぼりにならないようにしつつ、自分のリズムもキープするという難題に四苦八苦しながら、それでも心を込めて奏でる"ユアソング"!

対バンの方が下さったアンケートのコメントに、「お客さん一人一人の手拍子が微妙にずれているのをサトウさんが包んで引っ張っていっている印象を受けました。あれはリズム感強靭じゃないとできないだろ〜! と思った」というのがありました(^-^)。さすがによく見ていて下さる♪ええもぅ、非常に大変でした(笑)。

でもこれってバンドはもちろん、みんなでひとつの音楽をやる時の基本だもんね。最初はなかなかあわない各人のグルーヴをひとつに収束させて会場を揺らすってのはバンドマスターたるもののつとめですよ。そう、わたくしのライブにおいてお客さんは全てメンバーなのです☆(´∀` ∩。

自分の音楽がしっかり届いた事を実感した上で歌うラストの「パースペクティヴ」はだからこそ堂々と響く。自分自身の世界観を純粋に抽出し、ミクロからマクロまで視点を切り替えながらこの世界を俯瞰して描き、理想とする作曲手法(転調の多用による上昇と循環)で表現したサトウタケヒロの決定打たる楽曲はことここにいたって見事に初見のお客さんの心をも打ち抜く事に成功するのである。

昨年の2ndツアー、「まずは一番濃い曲でガツン!と客を黙らせてやれ(`∀´)ヘケケ♪」とか不遜な事を考えてパースペクティヴを1曲目にしていた事を思うと、我ながら格段の進歩だと思います。そりゃま、反応が良くなった背景には長いツアーの中で多少なりとも歌がうまくなったというのもあるのかもしれない。しかし、それよりも何よりもこの「差出し方の違い」こそが大きいのだと確信している。

終演後、心のこもったアンケートと「ぜひまた山形に!!」という声をたくさんいただく。それほどお客さんが多かったわけでもないのにアルバムばかり4枚も売れてびっくりしつつも、やはりちゃんと届いていたんだなと実感。そう、この次元に至ってようやくCDというのは売れるものなのだ。特別な付加価値も派手な宣伝も無いいわば「無印良品」アーティストであらんとするならば、いつもこのくらい心を込め打ち込んでこそ結果が得られるというものだ。初心にかえり謙虚にやっていくしかない。結果を急いでも決して得られることはないのだから。そんな事に気付かされた実りの多いライブでした!!



ほんじつのお、おいっ!!Σ( ̄□ ̄|||)

昼食は是非山形名物を、と友人に教わったラーメン屋「栄屋」を探し街をうろつく("モ食事"に詳述)。目印の書店はすぐに見つけたのだが、その辻向かいにあるのは「蕎麦のさかい」お、おいっ!!Σ( ̄□ ̄|||)・・蕎麦屋(゚д゚;)?でも・・外になんか「ラーメン」てポールがたってるし・・でも有名店のわりには小さい・・だいいち名前微妙に違うし・・うーむ(困)。でももし違ったら・・うーむ(困)。

周辺をぶらぶら歩くが他にそれらしい店はなく、諦めて入ってみようとした時ひらめいた!!そうだ!!書店で「山形食べ歩きガイド」みたいなのないか探してみよう(・∀・)♪

果たして探しあてた本には若干離れた裏通りにある噂の名店の地図がのっていたのでした☆ま、まぎらわしいよっ(>_<;)。。

※「さかい」の関係者の方、まんいち見てらしたら申し訳ありません。お目当てが違ったってだけの話なんです・・。



ほんじつの(:^0^:)胸がいっぱい

たくさんの暖かいアンケートも嬉しかったが、友人の親友・彩ちゃんの感激っぷりに(:^0^:)胸がいっぱいなのです。。

『(前略)心に響きまくりでどうしても絵美(まっちゃん)を思い出してしまいウル×2でした。サトウさんに感激したのと同時に絵美の大切さも実感しました。今度は絵美と一緒にみたいです』

そして終演後まっちゃんからもメールが。

『(前略)不思議なことにふたりして同じ・・サトウさんの歌を聴くと彩に会いたくなるんですよ。で、涙するみたいな(笑)。そこまで一緒だと思わず笑っちゃいました。次は二人で見に行きたいねぇ〜って話してました(>_<)』

うーん。嬉しいっ(:^0^:)!! 僕自身が高校時代からの親友・Nyoカテちゃんとの別離に際して創った楽曲が、こうして遠く離れてもお互いを大切に想うふたりを結んでいる。この感覚はちょっと他に例えようもない程嬉しいものです。・・・自分が何を求めて、どんな歌を歌っていくのか?最近ちょっとずつわかってきた気がします。大切な事を思い出させてくれてありがとう。今の気持ちを忘れずにずーっと歌い続けるから。いつかふたりで、見に来てね☆



ほんじつの素敵コメント&サトウのアンサー☆

1)みさきさんより
「歌詞がとっても共感できました。とくに『Y』の歌は遠くに行った友達のことを思い出しました。これを気に、友達にレンラクしたいと思います。(アンケートより抜粋)」

A)ありがとうございます(^O^)!旧交を暖めるきっかけになれたら歌い手冥利に尽きますっ!お友達、大事にして下さいね〜!!

2)千夜さんより
「とっても胸にじーんときました。曲もうたもアコギも・・・。是非また来てくださいね!(アンケートより抜粋)」

A)こんなに言っていただいて行かなかったらバチが当たります(^^;)もっともっと成長して必ずまた山形に伺いますので、楽しみにしていて下さいね!

2)?? さんより
「すごくいい!!私のためだけに歌ってほしい♡(アンケートより抜粋)」

A)受け取ったアンケート、ご本人の前では見ない主義なので確証はないのですが・・確か女性3人組のお客さんの中のおひとり・・ですよね?女性の方ですよねっ(笑)。でしたら不肖サトウタケヒロ、いつでもあなたのためだけに歌いますよっっ(≧∇≦)!!・・でもその前にまずお名前と連絡先を下さい(笑)



ほんじつの対バンさん☆

NEWTRAL
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=grunge_is_dead

トップバッターは3ピースバンド・NEWTRAL。しっそう感のあるパンクチューン中心にガンガン押してくる。オープニングにぴったりの勢いあるステージング。いいねぇ(^-^)。前の方でたっぷり楽しませて頂きました♪お客さんの反応もなかなか暖かくて、今日のライブはいい感じになりそうだなとこの時点で実感☆(^-^v)

朝原猛
http://www.geocities.jp/refrain_o/

普段は"refrain"というバンドのVoとして活躍されている朝原さん。なんと僕と同じくソロツアー中という事で共感とともに見せて頂きました☆ソロとは言えサポートギターにパーカッションふたりとなかなかの大所帯。ツアーでは各公演ごとに編成は異なるそうで、今日が一番の大編成ということ。パーカッションがいるといいよなぁ・・うちも太一くんに覚えてもらうかな(笑)。等最近カホーンが欲しくてたまらないわたくしは思うのです。僕と同じくHEAT WEAVEの山口洋さんが好きと言う事で"雨のあと路は輝く"を演奏した時は嬉しかった。。終演後車にて駅まで送っていただく。本当にありがとうございました!

Each MOSS
http://oneclass-yamagata-id.hp.infoseek.co.jp/motu.htm

うーんばっちりハモるツインリード、久し振りに聴きました(´∀` ∩。。実に熱い演奏を繰り広げるバンド。Voさんのパフォーマンスがかっこいい。何だろうこの不思議なキャラクター。味があるなぁ。メタリカTシャツもアツイぞ(≧∇≦)!!激しすぎて途中ギターアンプの電源(!)がすっぽぬけたりもあったけどそれもご愛嬌♪自分の出番直前まで、しっかり楽しませて頂きました(´∇`*)!

Партизан(パルチザン)

全てが謎に包まれた3人組。結局僕含む対バンの面々とも殆ど交流なく、現れては消えていった。ステージも同様に謎で、Gt/Bass/Drsのオーソドックス3ピースながら出す音はひんやりとした質感のインスト。リズムマシンをかけっぱなしにしてひとつのリズムパターンが鳴り響く上に延々同じリフを繰り返す。各メンバーがちょっとずつ変化をつけていく。ギターはリバーブ/エコーのかかったジャキッとしたトーン。特に区切りがあるわけではなく、しばらく弾くと唐突にしゃがみこんで普通にリズムマシンをとめ、パターンを変えて次の曲(?)へ。その間MCは一切なし。・・・うーん。謎だ。これあれか?ジョイ・ディヴィジョンか初期ニューオーダー何かか?目指すところは。お客さん、ぽかんとしながらも帰ったりしないんだよな。なんか息とめて見てる。「ある意味あり・・ですねぇ」対バンさんのひとりがぽつりともらした。同感。圧巻はエンディング。リズムマシンを止めてしばし沈黙。やがてはじめてマイクに向かい一言。「終わり・・です(ぼそり)」

(´д`;)エエ!?

ざわめく観客。流れだすBGM。

はわー・・(´д`;)なんかけっこう・・面白いもんみちゃったかも(笑)



ほんじつのモ食事♪

朝食・・親友宅にて奥さんの手料理。親友の奥さんてのは僕にとってはつまりアレであって、だから彼女の手料理とか食べるのはなんと六年ぶりなのである。・・・って最近僕を知ったばかりの人にとってはちょっと理解し難い状況だと思うので詳述は控えますが、色々あるんです(笑)。

いやほんとおいしかったよ(・∀・)♪おつゆがとくに。時間もなかったし手早く簡単に作ってくれたけど、どんな豪華なメニュウより心温まる食事でした☆日曜の朝に響くまな板のトントン♪て音、おいしそうな匂い、子供達のはしゃぐ姿、親友の立派なパパっぷり。ほんと心に暖かいものがじわ〜っと広がります。一緒にいるとそれだけで家庭をもつ事の幸福をわけてもらえる、素敵な一家です。これからもよろしくね(^-^)♪

昼食・・前述のまっちゃんが山形出身とゆう事で「なんか山形ならではの美味しいもんない〜?ライブハウスから歩いていける距離で。あ、俺さくらんぼとか果物はあんまり(´∀` ∩」等とわがままな質問をしてた不埒なわたくし。・・ですがほんとにわざわざ調べてメールしてくれた優しいまっちゃん!感謝感謝です(≧∇≦)♪

さてラーメン好きなわたくしとしてはどうしても食べてみたかったのは「冷しラーメン」。いわゆる冷し中華ではなく、冷たいスープで食すラーメンですね。山形が発祥の地であるという事で、是非本場のを食べてみたいと思っていたのです。

お店を探して彷徨った顛末は本日のお、おいっ!Σ( ̄□ ̄|||)に書きましたので割愛(・∀・)♪なんとか見つけた「栄屋本店」。なんと冷しラーメン発祥の地・山形の中でも元祖と言われるお店だそうです☆

お昼時などとうにすぎ、ご飯が切れているというのでW炭水は諦め冷やしラーメンのみオーダー。ほほう♪キタキタ☆見た目は普通だな・・どれ・・(ずるずる・・ちゅーっ♪)

うーん・・冷たいなぁ(・∀・;)。・・当たり前か(笑)。

なんせまだ肌寒い東北の3月。食べ進むに連れ見事に身体が冷えていく(T3T)。。暖かいご飯でもほぉばればともかく、単品ではちときつかったか。お茶を何回もおかわりしつつ完食するにはちょっと震えるくらい身体が冷えてますた(汗)。意外とさっぱり目のお味。冷たいと旨味に対する感覚は鈍るからもう少し濃いめの味つけが欲しかったな。残念。

しかしまぁ元祖であるからして。城跡に立って在りし日の勇壮な安土桃山建築を偲ぶようなものだと考えれば良い・・のか??

総合評価★★★☆・・いいの。この際味はどうでも。体験する事に意義がある。辿りつけてヨカッター♪

夕食・・対バンの朝原さんご一行のご好意で駅前まで車で送って頂く。バスの発車まで少しあるし、何か食べるべ、と駅前をうろついているとラーメン屋発見!!・・うーん昼も麺だしご飯ものがよかった(>_<)。でも他には飲み屋さんしか見当たらないししゃーねーか、と入店。この時点で22:25。バスの発車は22:50(笑)・・間に合うかッ!?

急いでメニューに目を通すと醤油、とんこつ、あと辛い味噌ラーメンがあるよう。こんな時は迷わず醤油・・ええっ!?納豆ラーメンですとΣ( ̄□ ̄|||)?

"熱を通した納豆メニューに旨いものなし"。過去の教訓が頭を過る。しかし、一品メニューにも書いてるし・・「××納豆」聞いた事ないけど・・現地の名産だろうか。なんか旨そうだ。ま、別皿ならご飯注文すれば最悪無駄にせんですむ。よしっ!「おばちゃあん!醤油ラーメン!あと××納豆!ご飯(´∇`*)!」

バスの時間がせまっているので結果だけ簡潔に書くと、運ばれて来たのはラーメン、ご飯、そして紙カップ入りの××納豆。

・・・。

ラーメンに入れてみる。

ほかほか煮豆の出来上がり。

・・・。

総合評価★★★・・・パックの納豆だされてどうしろと・・(>_<;)。あ、ラーメン自体はごく平凡なお味でした。バスにも間に合いました。



ほんじつのモ泊まり♪

すっかり定番になってまいりました☆泊まらず高速バスで帰京(´∀` ∩ソッコウカエルゼ!・・・って正直しんどいのである(T3T)。。。おまけに寂しい。嬉しい事山盛りの充実した一日だったからこそ、寂しかった。しかし・・・

しばしウトウトと眠り込み、夜中ふと目を覚ますと・・最高の一日を締めくくるに相応しい、とてもとても嬉しいメールが入っていた。詳細は書けないけれども、全ての疲れがふっとぶ程の嬉しさを胸に帰京したのでした☆感謝を胸にもっかい一から頑張るよ〜(:^0^:)☆



[PR]
by tender03st | 2005-03-27 23:59 | 4th Tour