ギター片手に全国を飛び回るシンガーソングライター・サトウタケヒロのツアー日記です☆


by tender03st
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

10/21(日)山形・ SAKATA Music Festival

c0049293_19285178.jpg
10/21(日)山形・ SAKATA Music Festival(ツアー3発目・イベント1回目・来県3回目)

■ばしょ・・山形県酒田市中町。最寄りはJR羽越本線・酒田駅(駅から会場付近へは徒歩15分くらい)。

■そういどうきょり・・距離:466.6km(往復)。盛岡の実家からまずは新幹線で秋田へ。そこからは鈍行(羽越本線)に乗り換えて電車でゴー!(・∀・)! 。232.1kmの電車旅は流石におケツが痛い。酒田駅から会場までは片道約1.2km/徒歩15分。今にも泣き出しそうな空。曇天の下ゴロゴロと機材の詰まったスーツケースを転がし親方はゆく・・・。

■ほんじつのどういん・・のべ10〜15人くらい(´Д`;)

■ほんじつの親方おまかせセット♪

1. snow. (Loop Ver)
2. 「Y」(初☆)
3. ユアソング
4. パースペクティヴ(弾き語りVer)
5. snow. (弾き語りVer)

■総評・・

秋のイベントライブ3発目は「第8回 SAKATA Music Festival(以下サカフェス)」です。山形県酒田市で行われるこのイベントは、市内2カ所のステージにて、総勢16組のミュージシャンが出演。「東北公益文科大学」の学生さんたちが企画・立案・運営するイベントで、先の二つのイベント(PMA、ジャズフェス)と比較すると規模こそ小さいのですが、出演決定から当日まで、しっかりとサポート頂き、とても気持ちよく参加させていただくことができました。親方は活動休止前も含め、今回が初出演っす(・3・)☆

イベント前夜、荷造りも終え、よぉやく一眠り・・と思ったら窓の外では轟く雷鳴!! そして叩き付けるような土砂降り(´Д`;)。ま、まぁ・・ここ盛岡だし・・酒田じゃないし・・っ! 酒田は・・明日の酒田の天気予報はッ??



「降水確率50%」

お・・・おいーっ!!(゚Д゚;) 勘弁して下さいよ・・OYAKATAライヴ@SAKATA in 雷雨 fet.KAMINARI-SANとか・・雷だけにゴロはいいけどごめんだよっ☆o(>_<;o ドン!!

尤も、よく考えてみたら親方、さんざん野外イベントに出てる割には、自分の出番が雨天中止って多分一回もないんじゃないかな。去年の「ストリートフェスティバル イン 静岡」のときも、初日こそ荒天中止でどうなることかと思ったけど、親方が出演した二日目は綺麗な秋晴れだったし・・。ま、なんとかなるべ、と明け方に就寝した親方。ああっ!というまに朝がきて、鈍色の空の下盛岡をあとにします。

秋田までは新幹線・こまち号に揺られるいつもの道筋。11時32分に秋田駅に到着し、酒田行き羽越本線は12時10分に発車予定。この間に、実行委員会から雨天中止 or 開始の連絡がくる筈・・。予約しておいた秋田のホテルは当日12時以降キャンセル料50%が発生するからもうキャンセルはできないし、、仮に中止になったら意味もなく秋田で一泊して帰ることになる(´Д`)

それだけならまだいいけど、12時10分の時点で雨が上がってなければ中止か実施かの判断が12時50分までずれ込むから、やるかやんないかわかんないままとりあえず酒田に向かう・・とゆう最悪の事態に(´Д`;)避けたい・・それは避けたいっ!!

やきもきしながら待った親方ですが、連絡がついてみると、何とか天気は曇りで持ちこたえていて、既にイベントは開始しているとのこと!(;´∀`)=3ヤレヤレダゼ・・。 となるとあとは・・トリ(16:20〜)の親方までおてんとさんが持ちこたえてくれるか・・ですよね・・・。とまれ親方、羽越本線・酒田行きへ乗り込みます(´3`)。

さて、酒田は初めての親方ですが、山形市では過去2回ほどライブやっとります。山形はライブハウスが少なく、なかなかブッキングできなくて、4thツアーでようやく実現できた最初の一回(2005年3月末)は感慨深かったなぁ(*´3`)。反面、混乱と鬱の真っ只中にいた同年9月の2回目は悲しいかなまっ・・ったく何も覚えてません(苦笑)

あれからもう7年。当時のお客様方とはとっくに連絡がとれませんし、今回は全く知り合いもいない、行ったこともない、完全アウェーの土地、ということになります。鈍行の車窓に広がる一面の田園風景と相まって、なんだかまるで1stツアーの頃にタイムスリップしたよう。どこまで行っても一向に晴れる気配のない空。物思いにふけりつつコトコトと二両編成の電車は進む。そのままおよそ一時間半、三分の二くらいはきたころでしょうか。いい加減景色にも飽きてきたところで、突然視界が開け、彼方に広がるは日本海!!鉛色の空、砕ける白波!! 嗚呼!! なんてステレオタイプな日本海・・(´∀`;) いいですねぇ。旅の醍醐味を感じます。・・よけいにしんみりするけど(笑)

写真やら動画を録りまくってるうちに電車は酒田へと到着。帰りの最終電車(特急)が終演から僅か50分後なので、念のため切符を購入すると、巨大荷物を転がして徒歩で会場へ向かいます(;´∀`)=3

iPhoneのマップを頼りにぽくぽく歩いていくと、まず見えてきたのは2つあるうちの親方が出演するほうではない「大通り会場」。歩行者天国にそってフリーマーケットが並び、結構ひとも居ます。いや良かった。ここまで10分くらい、殆ど人や車とすれ違わなかったから、ちょっと心配になったとこでした(^_^; 。ちょうど地元出身のインディーズバンド・エイトさんが演奏中。若々しくも叙情性を感じる演奏に感心しつつも、通りを横切って「清水屋特設会場」へ向かいます。今日は「酒田どんしゃん祭り」というお祭りの日でもあるのですが、道々たくさんの屋台が出ていて、結構にぎわっている様子。

目指す「清水屋会場」は、大きなデパート「清水屋」さんの前のアーケード街の、歩道の真ん中に設置されておりますた☆スタッフさんにご挨拶し、ひとまず荷物を置く親方(;´∀`)=3ふぃーちかれた。。

丁度スタートするところだった人路さんのステージを少し拝見してから、おもむろに街へと旅立つ親方(詳しくは"本日の至極のメニュー参照のこと")。ふくれたお腹をさすりながら戻ってくる頃には既にひとつ前の日食なつこさんのステージが始まっていた。お客さんも思いのほかたくさん☆

おっとやべえやべえ。準備しないと。。なんせ最近の親方は機材が非常に多く、またセッティングが特殊なので、準備にエラく時間がかかるのです。ある程度舞台裏で組み立てておかないと、とてものこと転換時間じゃ組み上がりませんからね(´・ω・`)

余裕を以てセッティングに取りかかったつもりだったが、日食さんから予想外に早く「次で最後の曲です」との言葉が。あわわわまだできてないよっ・・と焦りつつも、なんとかギリギリ一先ず準備を終える。よーし急いでセッティング・・と思ったらお客さんたち席を立って日食さんのCD販売ブースへ・・・そしてそのまま満足げにお帰りに・・・(笑)。

あまりに見事な潮のひきっぷりに流石に内心若干落ち込みつつも、ここが勝負とテキパキ準備をすすめる親方。スタッフさんが手伝ってはくれるんだけど、配置も機材構成もあまりに独特なので殆ど親方しか手が出せないのがつらい(´Д`)。でも、流石に過去二回の教訓が活きていて、本来セッティングを開始するはずの時間である16時20分には準備完了してしまいました。

一旦ステージを降りると、司会のスタッフさんの紹介でステージへ。・・と思ったらスタッフの女の子から「サトウさんっ、シャツのボタン、お腹のとこがあいてますよっっ(;´Д`)ノシ」「え・・ええっご、ごめ・・(´・ω・`;)まいったなー(ぷちっ)」などと親方しまらないことこの上ない。気をとりなおしてステージへあがると・・

うはぁ!(゚∀゚;)! 清々しいくらい誰もいねぇ(笑)

ええいままよっ!!今日も今日とて一曲目は"snow."から。まずはブラッシングで基本のリズムを・・・。

Rec☆(ちゃかちゃか)それっ♪・・・しーん。

Σ(´Д`;)あ・・あれっ?!もしかして俺、またやった!? ・・そう、またしても(※注 : 秋田編参照)A-Bペダルの踏み間違い。サウンドチェックの最後に、PAに直接送ってるほうのギターの音をチェックして、そのままだったんですねぇ。いきなりやらかして一瞬パニくる親方。しかしそこは瞬時に立て直し、もう一度ブラッシングを・・・Rec☆(ちゃかちゃかちゃかちゃか)それっ! ・・・ってあれ?ひと回し(2小節分)多かったか?(・_・;)?

説明しよう!! ループを重ねて音を構築していく場合、繰り返す音の長さは【一番最初に録ったフレーズ】に準じるワケですよ。つまり、最初の音を4小節録ったら、重ねる他の全ての音も4小節ぶんずつ録らなきゃないわけ。2小節の全く同じフレーズの繰り返しでよいときに、最初のフレーズを間違って4小節分録ってしまったら、無駄に各2回ずつやらなきゃなくなっちゃうわけ。これがまた、一種類だけなら僅かな差だけど、4つも5つも重ねてくと割と看過できない時間のロスになるんだよね・・(´Д`;)

ただでさえ今回は短い時間にミチミチに詰めこんで構築したセットリスト。迷っている時間はない! 予定していたギターのフレーズ2つを省略することにして、シェイカーを振り出す親方!! Rec☆(しゃかしゃかしゃか・・)それっ♪・・しーん。

Σ(´Д`;)あ・・あれぇぇっ?! あ!!しもた!!今度はマイク間違えたァ!( ゚д゚ ;)!

説明しよう!! PAさんが音量バランスを調節しやすいように、メインボーカル用のマイクと、パーカッションとかコーラスを録音してループさせるためのマイクは別々に用意してるんだけど、焦りのためかうっかりメインボーカル用のマイク(つまり、録音する機材=ループステーションにつながってないマイク)に向かってシェイカーを振ってたおマヌケな親方・・(´Д`;)あかんやん・・やっぱ焦ってるやん・・。

ここで崩れるワケにはいかぬ・・と踏ん張ってタンバリンとハーモニクスを重ね、ようやく準備が整ったところでちらりとiPhone(ストップウォッチにしてマイクスタンドに固定)を見ると、ここまでで1分45秒。ちょいオーバーか・・。

ま、いいや(・∀・)ケロリ♪開き直って冷え込んで来た夕方の酒田の空に向け高らかに第一声を放ちます。前夜あまり寝てない割には喉の調子はまずまず。PMA/ジャズフェスと異なり、足元にしっかりとモニタースピーカーがあるので、ループの音もよく聴こえるし、結構高いステージから見下ろすかたちなので、総じて演奏環境は良好。その場にいて下さる僅かなお客さんの心をなんとかつかんで、あとは通りがかかるひとたちをどれだけ引き込めるかが勝負!

ご挨拶のMCを挟み、二曲目は今年初☆満を持してセットリストに復帰させた「Y」。弾き語り/バンド/ピアノとのユニットetc色んな形態で散々やってきたこの曲、ループを取り入れた形でのアレンジが思い浮かばず、今回は見送ろうかなぁ・・と悩んでおりましたが、ほんの一週間ばかり前、ようやくアイディアがピコリーン♪Σ(・∀・d)キター☆

故にまだまだ熟れていないところもありますが、実戦の積み重ねが大事、ということで決行。間奏でうっかりキモとなるコーラスの音を消してしまうトラブルもありましたが、声とギターを強めることで対処。一応なんとか成り立ってはいたと思います。

三曲目は「ユアソング」。音を重ねつつ手拍子をお願いすると、少ない人数ながら暖かい手拍子が☆スタッフさんも皆一緒にやって下さってます☆ようやく一曲目の失敗で狂ってたギアがハマってきた感じ。・・と思ってたらあっという間に終了(^_^;

そしてラストの「パースペクティヴ」へ。前回(仙台)同様、ループを排したシンプルな弾き語りなので、落ち着いて歌える・・・あれ?なんか人増えてきてない?(・o・;)? 少しずつ立ち止まって下さる方が。さらに終盤、最後のサビに差し掛かったあたりで、どたどたと若い女の子の集団が走ってきて、なぜか勢い良く最前列の椅子へ。にこにこしながら見上げられてちょっと嬉しい親方。あ・・あのぅ・・でももう・・終わりなんだけど(´∀`;) ありがとっしたー(じゃらーん♪ぱちぱちぱち)

うーん。お客さん急に増えたし、なんかこのまま終わるのも申し訳ないな、と思い、iPhoneを見ると時刻は16:50。終了時刻は17:00だから一応まだ余裕あるな。でもそもそも早めに始まってるから、実際の自分の持ち時間はほぼ消費してしまってるわけで・・念のため実行委員さんに確認。結果、続行OKとのことだったので、弾き語りで再度「snow.」を。

うん、悪くないな(・∀・)。一曲目でやったときに色々仕込みミスもあってすっきりしなかったし、そもそも今はまだループverよりシンプルな弾き語りverのほうが唄いやすい。・・あらあら。また何人かお客さんが増えましたよ(笑)。どうなんだろこれ。複雑といえば複雑・・。なんとか人の足を留めたくて工夫を重ねて辿り着いたループスタイルなのに、なんてゆうか、最初から全曲普通に弾き語りでやったほうが良かったんじゃないの?(´Д`)?

内心葛藤しつつも力強く唄い上げる親方。ふと先ほど来たばかりの女の子たちを見てみると、あれぇ?おやぁ?・・なんとゆうことでしょう。ま、全く聴いてない・・・Σ(´Д`;)(※詳しくは"ほんじつのお、おいっ!!Σ( ̄□ ̄|||)"参照のこと。)

えーと。"笑った〜♪"

俺なんでここにいるんだっけ(笑)。"笑った〜♪"

若干なんだかなぁという思いも残しつつ、ラストのEコードを鳴らしきり、挨拶してステージを降りる親方。「お疲れさまでしたー!!」明るくねぎらって下さる実行委員の皆さんの若さがまぶしい。とっぷりと暮れた酒田の街に、もはや人影はまばら。冷たい風が吹くなか、撤収作業に追われる親方。

ふとうつむくと、開演前ちゃんとハメたはずのお腹のボタンはやっぱり外れていた。「痩せなきゃなぁ・・(´Д`)」親方はもごもごと口の中でつぶやく。

こうして親方の今年最後のステージは終わった。(幕)

■ほんじつのお、おいっ!!Σ( ̄□ ̄|||)

本来、最後の一曲である「パースペクティヴ」の途中でやってきた若いむすめさんたち。JKかと思ったけど、振る舞いからするとありゃJCかも・・。お客さんが一気に5・6人増えたのにこのまま終わるのもナンだなと急遽一曲増やした親方でしたが、歌いながら彼女たちを見て唖然。横のコにいたずらしたり無駄に席替えしたりげらげらきゃっきゃと大騒ぎ(´Д`;) 最前列に座ってんのに、ここまであからさまに聴いてないのも珍しい・・。それでもときどきは黙って聴いてたりもするからよくわからない。一応最後までいたんだよね。でもフライヤーを配ろうとステージをおりると、バタバタバタ〜・・と去っていった少女たち。お、おいっ!!Σ( ̄□ ̄|||)な・・何しにきたの君たちぃ??

・・なんだか一気に老けた気分の親方でした┐(´Д`)┌ヤレヤレ

■ほんじつの対バンさん☆

【人路】さん

酒田を中心に活動されている地元の人気弾き語りミュージシャンさん☆それこそ潔くギター一本で心をつかむシンプルな弾き語り☆親方の機材群に興味を持っていただいて、セッティングしながら色々お話したり本番も見ていただいて嬉しかったです。

【日食なつこ】さん

岩手県出身ということで山形なのにまさかの2人連続from岩手シンガーという謎の事態に(笑)。若いけどインディーズで数々の実績をお持ちのようで、日食さん目当てのお客様がたくさん☆少し安藤裕子を思わせる特徴ある声のピアノ弾き語りが魅力的でしたよ。

■ほんじつの(:^0^:)胸がいっぱい

今回はイベントの運営に駆け回る若いスタッフさんたちの一生懸命さに感銘を受けました。PAさん以外いわゆる大人は全くいなくて、全て学生さんが取り仕切ってるんだけど、みんな本当に一生懸命で、礼儀正しくて、親方なんかにも気をつかっていただいて。お返しになんとかイベントを盛り上げたかったんだけど、残念ながら力及ばず、悔しいやら申し訳ないやら(>_<。)。でも本当にそのがんばりに(:^0^:)胸がいっぱい☆

親方ね、また一生懸命精進して、成長して、いつの日かまた酒田を訪れたいと思います。これからも宜しくお願いしますね☆

■ほんじつの親ど♪

今回、多少機材構成を変えてみたので、荷物が減った・・かと思いきや、、相変わらずスーツケースはパンパンの親方。あっれぇ?? おかしいな?(´Д`;)? いやマジでなんでこんなにパンパンなのかイマイチわからない。ま、いずれにしても長距離移動もありへとへとの親方は今日は秋田で一泊することに。え?酒田に泊まればいいだろって? ・・そりゃま、そうなんだけどさ(;´3`)

(1)翌朝また遠距離移動はしんどい (2)酒田の名物料理見つからず (3)日帰りは時間的に微妙 以上の三点から予め定宿=ダイワロイネットホテル秋田を予約しといたの。そらもう、快適よ(´∀`*)(※詳しくは秋田ツアー日記を参照☆)

■ほんじつの至極のメニュー♪

朝食・・

寝起きの随時血糖は142。(※健常者の正常値は110 mg/dl未満)。ここんとこちょい高め(´Д`)。でも今日はこれから長距離移動+ライブ。高血糖気にしてる場合とちゃうでコレ。とゆうことで、前夜つくっといたサラダ+セブンイレブンの「ソース沢山海老トマトクリームパスタ」です☆ 炭水化物はちと多めの75.4g。

総合評価・・★★★★☆ 最近、コンビニのパスタはどこも一様にレベルアップしてると思うんだけど、コイツにはちょっとびっくり。やたら濃厚で味も良く、かつずっしりと食べ応えがある感じ。それなりに炭水化物含有量が多いのは玉に疵だけど、こんだけ手軽で旨ければ血糖値アゲアゲ♪で寿命が縮んだって構わないんだぜ♪(´∀`)

昼食・・

秋田での乗り換え時間は約40分。どこかお店に入ってゆっくりごはんを食べる、て程余裕はない。おまけに前述の通りこの時間帯で雨天中止か否か決まるもんだから気が気じゃなくて、結局昼食は酒田に無事着いてから、と決めた親方。会場入りしてスタッフの皆さんにご挨拶していると、用意していただいたお弁当が♪(´∀`)・・しかしながら、親方はある目論みを胸に一旦テントを辞すと、街をぶらつき出す・・。目的はそう、酒田ラーメン♪(;≧∀≦)

やっぱり、遠路遥々やってきたからには想い出に残る一杯ってヤツをだね(´∀`)。え?お弁当残すのかって?やだなぁ、頂きますよもちろん☆せっかくご用意いただいたモノを親方が残すとお思いか!? ありがたく!!頂きます! おやつとして!(゚∀゚;)!

さっき検索して見つけた酒田のラーメンを考える会のサイトを見ながら、なんとしても会場の近くにある店を探し出すんだ・・ッ!

あ。なんだすぐそこじゃん(・3・)。今回親方の出演会場となっている清水屋さんとゆうデパートの前から、角をちょいと横に曲がったところに「中町三日月軒」さんとゆうお店がある様子。なになに・・「酒田のラーメンのベーシックと言っていい。豚骨ベースに煮干し、昆布をふんだんに使ったシンプルなしょうゆ味は、何よりその匂いで食欲をかきたててくれる。」ほほう!! んまそうじゃなぁい!(;´∀`)=3 決め決め! ここに決め!! わははは順調順調!! そーれその角を曲がればっ♪と。

・・あれ?(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ? あれれ??(゚o゚; )ドコドコ( ;゚o゚)??

なんということでしょう。途方に暮れしばらくウロウロしていると、くだんのお店はシャッターがしっかり降りてることを確認orz

ほ、ほかの店ないの!? とさっきのサイトで探すこと5分。初めての街だし、町名だけじゃ現在地から近いか遠いかすらわからない・・・。住所を見てはマップで確認の繰り返し・・。準備もあるし、時間の余裕はさほどない。心が・・折れそうだ・・ッ!

ようやく少し離れたところに「そば川柳」さんがあることを確認! 親方はさっそく尻筋に力を入れると競歩のリズムで歩き出す!(゚Д゚#)!もう時間がネー!! 神行太保戴宗もかくやの早足で目的地周辺にたどり着いた親方。よーしここだ、このへんだっ! そーれあの角を曲がればっ♪と。

・・あれ? キョロ(((゚ー゚*)(*゚ー゚)))キョロ あれれ?? ドコ(T-T ))(( T-T)ドコ

まいったな・・。ただの住宅地じゃねぇか!(T3T)! 民家・・どうみてもこれはただの、民家の集合体!!

何度マップを見直しても、民家が密集しているとある一ブロックのど真ん中をさしている。細い通路か何かあって、飲屋街みたくなってんのかな・・と思って入り口を探すこと10分。一周・・二周・・・三・・ええい!! もうええわ!(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・!

空きっ腹と敗北感を抱え会場へ引き返す親方の肩のあたりには、きっと書き割りの巨大な文字が浮かんでいたことでありましょうや。曰く、「すごすご」と。

失意のうちに戻ってきて、清水屋の反対側にある横断歩道で立ち止まったとき、ふと周囲を見回した親方。その目の端に、何か赤いものがチラリと翻る。・・ん??もしや・・!? 己の直感を信じ、駆け出す親方。

1分後、目の前で揺れていたのは、「酒田ラーメン」と書かれた真っ赤なのぼり!(T3T)!やった・・親方、やったよかあちゃん・・。

と、看板を見て二度びっくり! 「そば川柳」・・ええ!?なんでここに!?狐につままれたような気分で入店。ゆっくりしたいけど時間も時間なので、手早く決めないと。酒田ラーメンといえばワンタンが特徴、ときいてたのでワンタンめんをオーダー(´∀`)。数分して出てきたものは写真でみたとおりのあっさり☆ラーメン。ああ・・長かった・・(ノД`。)

でもさ、食べ始めてから今更気づいたんだけど、親方このワンタンてものがイマイチピンとこなくてね。10年ほど前にワンタンがウリの中目黒の「八雲」で食べて以来だなぁ。そもそも基本的に、ピラピラっとした小麦のアレがダメなのかも。表示は勿論ないので推計ですが、標準的な中華そばは炭水化物65g程度。ワンタンは皮の部分を15g程度と見て計80gってとこか。満足度に比して糖質高いなぁ(;´Д`A。ライブ前で良かったよ・・。

総合評価・・★★☆ 基本親方は「超こってり」か「カラメ(=濃いめ)」か「化学調味料激盛り」LOVEの鉛舌なんで、繊細で優しい味わいってあまりぐっとこないんですよね。でもだいぶ寒かったんで、ほっと暖まる一杯ではありました(´∀`)。・・わぁ、我ながら前振りクソ長い割になんてあっさりしたコメントw

おやつ・・

会場でいただいたおべんとを帰りの特急いなほで食す。既に外は暗く、景色は見えない。明日も見えない。色々なことを考えてたら味わかんなかったよ・・・。

夕食・・

ホテルでシャワーを浴び、やっと人心地ついた親方。はいはい、反省会はここまで!(・Д・)ノシ ! せっかくの秋田の夜、楽しまなきゃ損じゃない(`∀´)!! よぉ〜し☆飲むぞぉ〜♪・・ってことでここは前回の秋田ライブの夜に訪れ再訪を誓った川反のいろり屋さんへ。あーらナマハゲたんお久しぶり♪(・∀・)オイーッス♪

席につくと早速、秋田弁ネイティヴのおばちゃんが親方に張り付く。「どごからきだの?あんれ岩手ぇ?」店内は他にサラリーメン4人組のみ。もう出来上がってるそっちには眼もくれず、ひたすら親方に話し続けるおばちゃん。・・あのぅ、親方ね、どっちかっていうと飯は独りでゆっくり喰いたい派なのね(´Д`)。

独りで!!

自分のペースで!!

心ゆくまで!!

暴☆飲☆暴☆食☆!!

・・したくて来てるんだよ・・。

モノを食べるときはね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで、静かで、豊かで・・・。

だから親方、気に入った店でも常連認定されてアレコレ気を使われ始めると途端にその店いかなくなるの。いやまぁ、気持ちはありがたいんですけどね。なんつうかその、ごめんなさいね(´Д`)。

そんな感じで若干おばちゃんを持て余しつつ、宴は続く。途中で熱燗に切り替えようかと思ったけど、こうゆうとき以外お酒を口にしない親方はビール2杯で早々に酔っぱらい、断念(´Д`;) 地酒が飲めなかったのは残念だったけど、「比内鶏とマタギのキノコ鍋」が超絶品だったのでまぁよしとするか。炭水化物・・はこの際どうでもいいや(゚∀゚;)。でも全体にそれなりに低糖質ではあった筈(ビールは醸造酒だから本当は良くないんだけど)。今回はババヘラも喰ってないしね(笑)。

総合評価・・★★★★ おばちゃんマンツーマンは親方的にはちょっと・・(´Д`;)> 人によってはむしろ最上のサービスになるんだろうけど。もてなしってむつかしいやね。ていうか今日のライブ日記、本編より至極のメニュウのほうが長いよね・・。

※ほんじつのうりあげ☆ / ツアー累計うりあげ / 素敵コメント&アンサー は物販/アンケート配布を実施していないため省略します。
[PR]
by tender03st | 2012-10-27 19:09 | Autumn Tour 2012